500万円以上の大口借入れができる銀行カードローンとは?

 

500万円以上の大口借入れができる銀行カードローンとは?

銀行カードローンと消費者金融との違いは金利の安さにありますが、その他にも借入限度額が大きいという事も大きな違いとなっています。通常多くの方が利用する金額は多くても数十万円という事ですが、それでも時にはそれ以上のお金を借りる必要がある事もあると思います。そんな時には各銀行の最高利用限度額を比較してから利用する銀行を選択しましょう。

 

【大口借入のできる銀行とは?】

現在大口借入のできる銀行カードローンの中でも特に高額となっているのは、みずほ銀行の1,000万円です。次いでオリックス銀行や三井住友銀行で800万円となっている他、かつては消費者金融会社であった新生銀行レイクや、三菱東京UFJ銀行では500万円の最高限度額となっています。

 

低金利なのはみずほ銀行の金利

上記で触れた銀行の中で金利が最も低いのは、最も低金利となっているみずほ銀行の4.0〜14.0%です。オリックス銀行では3.0〜17.8%となっているので、最低金利ではオリックス銀行の方が金利は安いと言えますが、オリックス銀行で3.0%の利率が適用される時の借入額は最高利用限度である800万円の借入れの時と言えます。通常の借入れでそれ程の金額を借りる事は少ないのではないでしょうか。
金利を考える時には、100万円に満たない借り入れ金である場合には、最高利率を見るようにします。金利はそれぞれの人に設定をされる借入の限度額によって変わって来るので、少額の借入れの場合には高い方の金利となるのです。

 

【銀行カードローンの初回借入れで500万円の利用は可能?】

各銀行のカードローンのページを見ると、最高利用限度額の表示を見る事ができます。例えば「500万円まで」と表示されている銀行で初めから500万円を借りる事ができるかと言えば、それは難しいと言えます。勿論それなりの収入があるという方ならば可能になると言えますが、その場合には収入を証明する書類の提出を求められる事が多いです。
総量規制の対象外ではあってもやはり初めから高額の融資は期待できず、100万円以下の融資となるケースが多くなっています。最高融資額まで枠を広げるには、定期的な利用と順調な返済履歴が必要となります。枠を広げたい場合には増枠申請をする事で可能となる事もあります。

 

【銀行カードローンの審査について】

一般的には銀行カードローンの審査は消費者金融に比べて厳しいと言われていますが、確かにそれは事実であるようです。銀行の金利は、以前は消費者金融であった新生銀行レイクや店舗を持たないオリックス銀行を除けば、前にも触れたように最高でも14.6%という事になっています。これは消費者金融の最高利率が18.0%である事を考えるとかなりの低金利と言える為、その分審査が厳しいと言えるのです。

 

パートでも借り入れは可能です。

また審査の際には年収では200万円というボーダーラインが存在していて、高額の借入れについてはパートやアルバイトの場合では厳しい場合もあります。

 

それでも借入額を少なくする事で審査に通る可能性もあるので、まずは融資申し込みをして審査を待ってみましょう。

 

このように銀行の審査は消費者金融よりも厳しいと言えます。どうしてもお金を借りたい場合には消費者金融の利用をお勧めしますが、イメージを気にする事もあるでしょう。それでも例えば三菱東京UFJ銀行でカードローンを申し込んだ場合、銀行の保証会社になっているのはアコムである為に、審査はアコムが行う事になるのです。その為にアコムで申し込みをする事と同じという事が言えます。
ただし、審査の結果は必ずしもアコムで申し込みをした場合と同じになるとは限らないので、その点は注意が必要と言えます。

 

銀行でお金を借りる