銀行カードローンのメリットと気を付ける点

銀行カードローンにはさまざまなメリットがありますので、カードを持っておくといざという時に便利です。

 

消費者金融と比較すると、金利や限度額といった条件面ではやや有利な傾向がありますし、総量規制を気にする必要もありません。

 

ある程度の金額の借入までは収入証明書が不要であるというケースが多い点も、面倒な準備をしなくても済みますので、非常に便利です。

 

これらのメリットの中で特に注目すべきところは、金利が低めであるという点でしょう。

 

もちろん、全ての銀行カードローンが同じ数字ではありませんので、銀行毎にその数字は上下しますが、多くの銀行が消費者金融よりも数%程度低めとなっています。

 

数%の違いとはいえ、借入金額が大きかったり返済期間が長かったりすると、支払う利息の差はかなり大きなものとなります。

 

返済の負担を減らしつつ無理なくカードローンを利用するためには、金利が低いところを選ぶ方が良いはずです。

 

ただし、借入金額は小さめで、かつすぐに返済する見込みがあるというような人であれば消費者金融の無利息サービスを利用した方がお得になるケースもあります。

 

銀行の審査

銀行カードローンにはメリットもありますが、気を付けておくべき点もあります。

 

まずは、いくら銀行カードローンを利用したいと思っても、審査を通過しなければ利用することはできません。

 

銀行の審査は、提携している保証会社を活用して行っており、例えば三菱東京UFJ銀行ならアコムと提携しています。

 

とはいえ、アコムと同じ審査内容ということではありませんので、三菱東京UFJ銀行では落ちてしまったけれども、アコムに申し込むと通ったという事例もあります。

 

銀行の審査は厳しいという声をよく聞くことがありますが、消費者金融と比べると審査に落ちるということは多いようです。

 

お金の引き出しと取り立て

銀行カードローンでお金を引き出す際には、当該銀行の口座を保有していなければ振込できないといったケースがありますので、注意が必要です。

 

一方で返済については、銀行振込や口座振替、ATMが利用できるようになっていることがほとんどです。

 

また、返済が遅れてしまうということはあってはならないことですが、万が一遅れた場合の取り立てについて気になる人もいるはずです。

 

取り立ては定められたルールに沿って保証会社が行いますので、テレビドラマや映画で見るような酷い取り立てをされることはありません。

 

ただし、最終的には裁判を起こされて給料を差し押さえられるということもありますので、早い段階で返済をすることが重要です。